スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

inFAMOUS Second Son

サッカーパンチプロダクションズの新作ソフトにあるインファマスシリーズは
今作で第3作目にあたるシリーズものとして発売されてきたが、
主人公のコールはもう十分に描いたということでinfamous second sonからは
デルシン・ロウという若者が今作の主人公になった。
第2作目にあたるインファマス2との関連性がないことから、
まったく新しいインファマスシリーズを堪能することができます。

今回もストーリーはコンジットの繋がりはあれども、基本的には新しい舞台で
新たなパワーで戦うことになります。
デルシンはスモークという煙のパワーで初めは戦うことになるが、
PS4の技術により画質がずいぶんと向上したなと思った。
オープンワールドなのでとにかく一つ一つのシアトルのリアルさが見え、
エリア毎におかれたサブクエストを攻略しながら遊ぶことになる。

自由に屋根の上に登れたり、空中移動できるので爽快感を感じれるゲームで
建物にしがみつけれる動きなども悪くない。
カルマシステムはいつも通りだったが、そこまで深く枝分かれすることもなく
あっさり完結しているところが見受けられる。

そもそもinfamous second sonと名付けられたのはデルシンが弟だから。
兄のレジーと共にストーリーを進めていく流れだが、
何かと兄貴の方は弟の面倒見がよく、いいコンビだった。
最後はあんな感じで幕を引いたので、次回作はどうなることやら。
もしくはデルシンとは違った形のゲームでも発売するんだろうか?



ネオン、ビデオ、コンクリートなどパワーを切り替えしながら、
豊富にある技を使いこなしてプレイできるので、状況に合わせて戦えるのは
やっぱアクションゲームの醍醐味であろうか。
アクションで重要なスピード感なども丁度良かったので最後まで苦に感じる
こともなくクリアできたので、ライト向けのゲームでもあるかもな。

フェッチ、オーグスティンと女性キャラはなんだか、
あまり若々しく感じなかったけど、萌え系のキャラが出て来ても萎えそうだ。
ストーリーはミッション性なのはオープンワールドの基本なんだろうな。
サイドクエストもそんな感じだったし、カルマは稼ぎながら遊ぶ流れ。
最後はフォトモードをたしなむ程度か。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。