スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタルギアライジングリベンジェンス

国内におけるPS3版ではメタルギアライジングの体験版がすでに配信中ですが
今回はそれについての感想です。
今作はライジングシリーズということで、ソリッド・スネークの操作はできず
雷電でストーリーを攻略していく流れとなっている模様。

メタルギアシリーズのステルスアクション要素は一応引き継がれているものの
配信されたトレーラー動画や、体験版をプレイしてみると
なんだか中途半端になったという面があるかもしれませんね。
新作のゲームタイトルという目線で見ればアクションゲームとなんら
変わることも無いが、いままでのメタルギアという目線でみると
若干違うゲームに感じてしまうことがあるかもしれない。

特徴といえば雷電の高周波ブレードで敵を細切れにできることでしょうか。
思った角度から切り捨てるので派手な時代劇映画のようなシーンになり
バトルアクションという部分においてはメタルギアライジングの方が
若干上になるシステムを継いでいると言えますね。

マップは右上に小さく表示されているだけなので、
MGSのように大きく表示されるかは分かり知れないが、無線での仲間との
やり取りや会話によるヒントを得るのはシリーズ通りでした。
タイトルがリベンジェンスとなっていることから、
始めに雷電がサムにやられて、借りを返すというシーンになるのかも。

やり込み要素がどうなるのかは分からないがゲーム雑誌では
10時間ぐらいのボリュームのようですから、
まったり周回攻略を楽しむような構成になっているかと思われます。
要はライジングを楽しめばいいことですけどね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。