高まるレッドデッドリデンプション2への期待

GTAシリーズで人気高いRockstar Gamesの大望の新作であるレッドデッドリデンプション2がようやく2018年10月26日に発売されます。二回ほど延期したので、だいぶ待たされた印象もあるんですが、オープンワールドゲームなので延期は当たり前になっているのが今の現状だろうか。

前作ではジョン・マーストンが無法者から正義のガンマンのようになり、最終的には家族の父親として生活して、最後には味方のような感じで連邦捜査官と接していたかと思ったが始末される結末で終わりを迎えた前作でしたが、何か無法者やらガンマンたちといのは、大体あんな感じでこの世を去ったのが一般的なんだろうか?と思えるほどよくできた物語だなと関心するところがございました。


今作はダッチが組織するダッチで、主人公のアーサーモーガンが、無法者として子供の頃からダッチに育てられていきてきたところがあるので、その中でレッドデッドリデンプション2の世界観が出来ています。ジョン・マーストンも同じような境遇でダッチに育てられてきたので、前作では命を落としましたが、今作でもダッチギャングの組織にいるため普通に登場致します。

そうなると前作では全く登場しなかったアーサーモーガンは一体何をやっていたのだろう?と不思議に思ってしまう部分がありますね。ダッチのメンバーにいた節もないので、彼は亡くなってしまっていたのだろうか?いろいろと謎を呼ぶ感じでありますが、今作の舞台設定は、たかだか10年間そこらなので、そこまで時間差が無いのです。

続きを読む