【RDR2】レッドデッドリデンプション2のゲーム感想

去年にPS4とXbox Oneで発売したロックスターのレッドデッドリデンプション2だが、未だにアップデートを続けているけどDLCの方は発売する気があるんだろうか!?アルティメットエディションを購入してやり込んでみたが、当時は発売日が延期したりとかで、何度か延期の末に発売されたゲームだ。制作に8年ちかくかかっているけど、開発者側の意見ではちょっとやり過ぎたのだというw
https://dswiipspwikips3.jp/red-dead-redemption2/
ロックスターゲームスは、2016年10月18日にRDR2を2017年秋に発売すると発表。しかし、「ファンに最高のゲームを提供するには、もう少し時間が必要だ。」と2018年春へ延期。2018年2月2日になると、2018年10月26日にリリースすると発表した。

レッドデッドリデンプション2のゲームソフトは『スタンダードエディション(通常版)』『スペシャルエディション』『アルティメットエディション』を販売。付属する特典はそれぞれのエディションだったり、パッケージ版やデジタル版などで異なる。ゲームとは関係無しに、グッズ集のRDR2コレクターボックスなども販売されてます。

レッドデッドリデンプション2の世界出荷本数は、3日で7億2500万ドル(約813億円)を売り上げた。発売日の違いもあるが、歴史上エンターテイメント作品の総売上高では世界No.2(No.1保持はGTA5)。2018年12月31日まで集計したTake-Two第3四半期の決算では、世界販売本数が2300万本を突破したと公表。純売上高は12億4900万ドルと発表された。
レッドデッドリデンプション2は三日で約813億円も売り上げたのでやはり外国は規模が違うな。それでナンバーワン保持が同メーカーのGTA5なので会社的には大成功を収めた感じなんだろうな。とはいえ親会社のTake-Twoにはその割には利益はあまり出ていないようで、何かと不思議なところもあるが、開発費が膨大になりすぎなんだろうか?広告費も結構かかっているような気がしますね。

続きを読む

デイズゴーンのチャレンジをプレイするも難しいの巻

うーむ、久々のPS4であるが、すでにデイズゴーンはクリアしてしまったことで、すでにやることがなくなってしまっている状況だけど、少し前からチャレンジというDLCを配信をしていたので記憶的にはまだ新しい。その前は難易度サバイバルを配信していたけども、結構簡単にサクサクと攻略できるものだったので、こちらは数日でクリアしてしまったという印象でした。

さて、チャレンジとは12週間に渡って配信されるという無料のDLCのことで、いわゆる長く遊んでいられるようなエンドレスコンテンツに該当するミッションといえば少しは分かりやすいだろうか。ずっと遊んでどうするのか?といえば、スコア稼ぎを行って世界ランキングを極めるような感じの仕様になっておりました。でも、そこまで長続きして遊んでいるユーザーというのも稀かもしれません。

中にはサブチャレンジといったものも用意されていて、結果的にはゴールドメダル達成を目指してプレイしていく感じの内容です。それ以降はさっき話したランキング上位を狙った遊びが主流になっております。15万人ぶんのスコアデータを持ち、自分のランキング順位を確認することができます。今日の順位は何位かな?と確認することも可能ですが、日々他のプレイヤーによってハイスコアは更新され続けるため、日々下がっていってしまうのが一般的か・・・

続きを読む

Days Gone(デイズゴーン)はバグ多い!ネタバレ?DLCはいつ?

Days Gone(デイズゴーン)攻略
先月に発売されたPS4のDays Goneですが、ある程度はストーリーを攻略してまったりとミッション消化や、コレクション収集に精を出しているプレイヤーはごまんといそうですね。デイズゴーンの評価はそれほど高くもなかった気がしましたが、実際に遊んでみると、まあそこまで評価が低い作品でもないような気がするんですが、海外の評価というものは実に低いといった感じでした。

もうちょいオープンワールドゲームの新しさといった部分を求めていたレビュワーが多かったのかもしれませんね。バイクで爽快にフィールドをかけぬけて、ストーリーをクリアしていくといったありきたりなオープンワルドに対し、アメリカはそういった単純なやつはあきてきたのかなと思うところもあります。でもなんだかんだでDays Goneは売れてたりするのかな?と思ったりもするがどうなんでしょうか。

全体的にバグが多くて、ストーリーが進まないところが出て来たりして焦ったところもあった。再起動をすればなんとなく進行できたりもした分けですが、マップを開いたときのフリーズやクラッシュバグもやばいかと(汗)
たまにバイクに乗れなかったり、進行場のバグ対策や報告を聞きますが、割と発生しやすい点はどうなのかと思うところもあります。


ストーリーを考察してみると、ディーコンはハッピーエンドという感じになったものの、オブライアンのあの姿からすれば、まだまだフリーカーとは縁が切れた感じでもなく、次回作へと続きそうな展開でしたね。ストーリー順番はいろいろとミッションフラグが同時に立つことが多かったので、チンプンカンプンなところもありましたが、そういえば6月のDLCはいかがしたのでしょう?アップデートでバグの修正くらいなら何度かされた感じですが、DLC情報に関してはまったく出ないですね。

days goneはフリーカーの大群と争うのが最も特徴的というか印象的なゲームと言えます。フィールドでは野盗やリッパーなどもいるが、物語上は深く関わるのはリッパーのほうでカルロスとの因縁を描いたところまでが、ストーリーの中盤辺りだろうか?といった流れでした。まさかウィザード島で軍隊ごっこまでさせられるとは意外なところで、そこがまた面白きところでもあるのかなと考えさせられるところもございます。

続きを読む

高まるレッドデッドリデンプション2への期待

GTAシリーズで人気高いRockstar Gamesの大望の新作であるレッドデッドリデンプション2がようやく2018年10月26日に発売されます。二回ほど延期したので、だいぶ待たされた印象もあるんですが、オープンワールドゲームなので延期は当たり前になっているのが今の現状だろうか。

前作ではジョン・マーストンが無法者から正義のガンマンのようになり、最終的には家族の父親として生活して、最後には味方のような感じで連邦捜査官と接していたかと思ったが始末される結末で終わりを迎えた前作でしたが、何か無法者やらガンマンたちといのは、大体あんな感じでこの世を去ったのが一般的なんだろうか?と思えるほどよくできた物語だなと関心するところがございました。


今作はダッチが組織するダッチで、主人公のアーサーモーガンが、無法者として子供の頃からダッチに育てられていきてきたところがあるので、その中でレッドデッドリデンプション2の世界観が出来ています。ジョン・マーストンも同じような境遇でダッチに育てられてきたので、前作では命を落としましたが、今作でもダッチギャングの組織にいるため普通に登場致します。

そうなると前作では全く登場しなかったアーサーモーガンは一体何をやっていたのだろう?と不思議に思ってしまう部分がありますね。ダッチのメンバーにいた節もないので、彼は亡くなってしまっていたのだろうか?いろいろと謎を呼ぶ感じでありますが、今作の舞台設定は、たかだか10年間そこらなので、そこまで時間差が無いのです。

続きを読む

北斗の拳の世界観とキャラクターを踏まえた北斗が如くの物語と舞台とは?

北斗の拳の世界観とキャラクターを踏襲しながらも、独自の物語が描かれる本作。舞台となる最終戦争後の世界は、広大なる荒野が世界のほとんど。北斗が如くは北斗の拳の荒廃した世界を舞台に、奇跡の街『エデン』という街を中心にオリジナルストーリーで展開される。本作は奇跡の街『エデン』を舞台にして繰り広げられます。完全にオリジナルのストーリーとなっております。

次の龍が如くをどうするかというタイミングと同時期くらいに、「そろそろ新しい挑戦をしてみてもいいんじゃないか」、「龍が如くスタジオとして何か新しいチャレンジができないか?」となりまして、その時に北斗の拳が来年35周年を迎えると知り、いろいろな取り組みを計画していると情報が入った。

そこで出てきたのが、北斗の拳とのコラボレーションという案だった。龍が如くのゲームスタイルやバトルシステム、ストーリー性など、
多くの要素をイメージしたとき、北斗の拳との相性が良い。原作にあるシンとのシーンもありますが、実はそれが冒頭でプロローグは原作準拠になっている。そこからあとは完全にオリジナルの展開ですね。

原先生を含め、NSP(ノース・スターズ・ピクチャーズ)という版元会社で、ストーリーや世界観を監修してもらっている。オリジナルストーリーなので、当然オリジナルキャラクターも出てきます。そのキャラクターのデザインも原先生にお願いしている。今回は製作会社と版元という関係よりも、共同製作みたいな感じです。ほとんど全ての現場で一緒にいた。
北斗が如く 攻略

続きを読む

ホライゾンのトロフィーコンプ

今日も何かと寒い日々が続くが、とりあえずPS4を起動!そしてゲリラゲームズのホライゾンを長らくプレイする事、3周ぐらいプレイしたのだろうか。難易度を変更したりアーロイの能力を引き継いだ状態でプレイしたりしてみたが、dlcまでふくめると結構長い時間遊んだなあと。でもって最終的にはフォトモードで遊んだりするくらいだった。

もともとアーロイは作られた人であるとすれば、遺伝子を引き継ぐことで、強い性格だったり、高い運動能力だとか遺伝子をいじられて強化したりはなかったんだろうか?と未だに不思議に思うところもありますね。ハデスプログラムにより人類をリセットするのであれば、そもそも機械獣を抹殺するようなプログラムは作れなかったのかと小一時間考える・・・。そうはできなかったとしても機械炉を破壊していけば、徐々に個体数は減らしていけたんじゃと思うところもある。

んでトロフィーをコンプリートしてみたものの、全体的にオープンワールドの広さがさるので、だいぶ長い時間遊びまくったな。データポイント系の収集要素は結構見つけるのが大変ですね。ヒントが少なすぎるというか、上のバーを見落としたらそれまでだし、何か探知機のような要素があっても良かった気がします。

続きを読む

ニンテンドースイッチのARMS(アームズ) 攻略

ニンテンドースイッチ:ARMS(アームズ) 攻略
ニンテンドースイッチソフトのARMS(アームズ) は、6月16日に発売されます。久しぶりの任天堂の新規タイトルだけであって体験会では盛大に盛り上がりました。ゲームモードはパーティマッチだけしか遊べなかったが、1時間のプレイもあっという間に過ぎ去り、体験版とは思えないほど充実した中身だったかなと思います。一応は全部で12回行われました。合計4日間です。

ARMS(アームズ) とは、腕がバネのように伸び縮みするARMSファイターたちがボクシングのように戦う格闘スポーツゲームであります。任天堂らしいキュートで個性的なキャラクターたちは全部で10人用意されており、どれも個性溢れるデザインとそれぞれのステータス、そして固有能力が備わっているのため、そこをうまくJoy-Conで操作して遊ぶのがARMSの醍醐味です。

そしてアームと呼ばれる武器をファイターに装着して、どれにするか試合前に取り付け取り替えできるシステムです。この辺りは実にシンプルな作りで任天堂らしくカジュアルな作りだったと認識している。とくに迷うような要素もなければ、最終的にどのアームとファイターの組み合わせが最強なのだろう?とユーザーに考えせるような仕掛けなどは用意している感じでした。

近年は格闘ゲームが衰退しているので、誰でもとっつきやすいゲームというのは必要かなと思うところだが、やはり新規IPの少なさが目立ってきているのが今のゲーム業界の弱体化が目に見えて分かるものです。ニンテンドースイッチはサードが付くかどうかで今後のソフト発売がどうなるのか気になるところだが、とりあえずは自社ソフトのアームズやらスプラトゥーン2で持ちこたえる方針なのだろう。

続きを読む

horizon zero dawn(ホライゾンゼロドーン)攻略

horizon zero dawn(ホライゾンゼロドーン)攻略
ハデスのデスブリンガーと戦うこと数日たるや、なかなかの激戦バトルのラスボス戦であったが、ホライゾンを遊び終えてしまうと何かと物足りなく感じてくるものがあります。収集物はデータポイントを獲得くらいではあるが、結構な数だし、これこそ商人から地図を購入して位置くらい分かるようにしてくれぃ!と思うばかりだ。とりあえずゲリラゲームズが作ったオープンワールドのゲームは世界で売れたようで、日本ではゼルダの伝説と時期が被ったけれども20万本ちかい数字で売り出せているようで好評なのかな。

大型系の機械獣があまり居なかったのが残念であるけれども、なかなか歯ごたえのあるハンティングゲームもそうそう無いので、かなりガッツリとやり込めた印象があるわ。アーロイはロストに鍛えられたからといっても、弓だけでなくロッククライミングもできるとは男性よりも強靭な肉体のような気がしたんだよな。まああそこまで体力のある女性はまずいないだろうw


総合的にバトル要素ではワイヤートラップやらアイテムの罠を事前にしいておいて、尚且つそこへルアーコールなどのスキルで誘いだしてみたり、後ろから必殺仕事人のようにサイレントスキルで不意打ちしてみたりと豊富な攻撃パターンではあったけれども、やることが似通ってくると微妙になってきそうかも。氷結させてからの攻撃がやや万能であることから、火炎属性が少し弱いような印象も受けますかね。

電撃属性は感電させれるのでまあまあ強いとは思います。つってもブラストスリングの爆弾攻撃もなかなか強ければ、長弓のトリプルショットもやはり強い。ただ、スキルうんぬんよりは武器のステータスがものを言うところがあるかと。サンダージョーは何かと最初は手強いところがあったが、慣れてくるとなんてことはない。レッドモウにしても倒し方は一緒だったし、しぶといのは禍ツ機なので攻撃パターンは変わることもなかった。


クエストはメイン・サブ・サイドなどがあったけれど、それぞれに個性のある物語が付いていて、何かと足跡をたどることが多かったような気がしたけど、全体的に機械獣とバトルになることが多いかな。山賊狩りは別に用意されているし、機械獣を相手にしてた方がしぶといので、人間系の敵はヘッドショット狙いで済ますことが実に多かった。収集系は鉄の花やヴァンテージや古の器など、それぞれ集めるのに時間はかかったけれども、地図を商人から購入できるのであまり迷うことはなかった。

ストーリーはそれほど濃厚でもなく、謎というほどのものでもなかったが、もう少しはっちゃけた物語であって欲しかったところもあるかな。なんか在り来りな流れで進行してしまうのは王道というか、刺激がやや足りない点を感じます。オンライン要素はないし、DLCは今作っているような感じぽいし、しばらくホライゾンゼロドーンは待ち状態といったところでしょうか。とりあえず何かやるとしたら二週目プレイで難易度を変更して楽しむくらいだもんな。太古の鎧を使うこともないけれども、また回収するのも面倒そうか。それなら引き継ぎ要素を用意してくれたら便利だったのに。