スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高まるレッドデッドリデンプション2への期待

GTAシリーズで人気高いRockstar Gamesの大望の新作であるレッドデッドリデンプション2がようやく2018年10月26日に発売されます。二回ほど延期したので、だいぶ待たされた印象もあるんですが、オープンワールドゲームなので延期は当たり前になっているのが今の現状だろうか。

前作ではジョン・マーストンが無法者から正義のガンマンのようになり、最終的には家族の父親として生活して、最後には味方のような感じで連邦捜査官と接していたかと思ったが始末される結末で終わりを迎えた前作でしたが、何か無法者やらガンマンたちといのは、大体あんな感じでこの世を去ったのが一般的なんだろうか?と思えるほどよくできた物語だなと関心するところがございました。


今作はダッチが組織するダッチで、主人公のアーサーモーガンが、無法者として子供の頃からダッチに育てられていきてきたところがあるので、その中でレッドデッドリデンプション2の世界観が出来ています。ジョン・マーストンも同じような境遇でダッチに育てられてきたので、前作では命を落としましたが、今作でもダッチギャングの組織にいるため普通に登場致します。

そうなると前作では全く登場しなかったアーサーモーガンは一体何をやっていたのだろう?と不思議に思ってしまう部分がありますね。ダッチのメンバーにいた節もないので、彼は亡くなってしまっていたのだろうか?いろいろと謎を呼ぶ感じでありますが、今作の舞台設定は、たかだか10年間そこらなので、そこまで時間差が無いのです。

続きを読む

スポンサーサイト

北斗の拳の世界観とキャラクターを踏まえた北斗が如くの物語と舞台とは?

北斗の拳の世界観とキャラクターを踏襲しながらも、独自の物語が描かれる本作。舞台となる最終戦争後の世界は、広大なる荒野が世界のほとんど。北斗が如くは北斗の拳の荒廃した世界を舞台に、奇跡の街『エデン』という街を中心にオリジナルストーリーで展開される。本作は奇跡の街『エデン』を舞台にして繰り広げられます。完全にオリジナルのストーリーとなっております。

次の龍が如くをどうするかというタイミングと同時期くらいに、「そろそろ新しい挑戦をしてみてもいいんじゃないか」、「龍が如くスタジオとして何か新しいチャレンジができないか?」となりまして、その時に北斗の拳が来年35周年を迎えると知り、いろいろな取り組みを計画していると情報が入った。

そこで出てきたのが、北斗の拳とのコラボレーションという案だった。龍が如くのゲームスタイルやバトルシステム、ストーリー性など、
多くの要素をイメージしたとき、北斗の拳との相性が良い。原作にあるシンとのシーンもありますが、実はそれが冒頭でプロローグは原作準拠になっている。そこからあとは完全にオリジナルの展開ですね。

原先生を含め、NSP(ノース・スターズ・ピクチャーズ)という版元会社で、ストーリーや世界観を監修してもらっている。オリジナルストーリーなので、当然オリジナルキャラクターも出てきます。そのキャラクターのデザインも原先生にお願いしている。今回は製作会社と版元という関係よりも、共同製作みたいな感じです。ほとんど全ての現場で一緒にいた。
北斗が如く 攻略

続きを読む

ホライゾンのトロフィーコンプ

今日も何かと寒い日々が続くが、とりあえずPS4を起動!そしてゲリラゲームズのホライゾンを長らくプレイする事、3周ぐらいプレイしたのだろうか。難易度を変更したりアーロイの能力を引き継いだ状態でプレイしたりしてみたが、dlcまでふくめると結構長い時間遊んだなあと。でもって最終的にはフォトモードで遊んだりするくらいだった。

もともとアーロイは作られた人であるとすれば、遺伝子を引き継ぐことで、強い性格だったり、高い運動能力だとか遺伝子をいじられて強化したりはなかったんだろうか?と未だに不思議に思うところもありますね。ハデスプログラムにより人類をリセットするのであれば、そもそも機械獣を抹殺するようなプログラムは作れなかったのかと小一時間考える・・・。そうはできなかったとしても機械炉を破壊していけば、徐々に個体数は減らしていけたんじゃと思うところもある。

んでトロフィーをコンプリートしてみたものの、全体的にオープンワールドの広さがさるので、だいぶ長い時間遊びまくったな。データポイント系の収集要素は結構見つけるのが大変ですね。ヒントが少なすぎるというか、上のバーを見落としたらそれまでだし、何か探知機のような要素があっても良かった気がします。

続きを読む

ニンテンドースイッチのARMS(アームズ) 攻略

ニンテンドースイッチ:ARMS(アームズ) 攻略
ニンテンドースイッチソフトのARMS(アームズ) は、6月16日に発売されます。久しぶりの任天堂の新規タイトルだけであって体験会では盛大に盛り上がりました。ゲームモードはパーティマッチだけしか遊べなかったが、1時間のプレイもあっという間に過ぎ去り、体験版とは思えないほど充実した中身だったかなと思います。一応は全部で12回行われました。合計4日間です。

ARMS(アームズ) とは、腕がバネのように伸び縮みするARMSファイターたちがボクシングのように戦う格闘スポーツゲームであります。任天堂らしいキュートで個性的なキャラクターたちは全部で10人用意されており、どれも個性溢れるデザインとそれぞれのステータス、そして固有能力が備わっているのため、そこをうまくJoy-Conで操作して遊ぶのがARMSの醍醐味です。

そしてアームと呼ばれる武器をファイターに装着して、どれにするか試合前に取り付け取り替えできるシステムです。この辺りは実にシンプルな作りで任天堂らしくカジュアルな作りだったと認識している。とくに迷うような要素もなければ、最終的にどのアームとファイターの組み合わせが最強なのだろう?とユーザーに考えせるような仕掛けなどは用意している感じでした。

近年は格闘ゲームが衰退しているので、誰でもとっつきやすいゲームというのは必要かなと思うところだが、やはり新規IPの少なさが目立ってきているのが今のゲーム業界の弱体化が目に見えて分かるものです。ニンテンドースイッチはサードが付くかどうかで今後のソフト発売がどうなるのか気になるところだが、とりあえずは自社ソフトのアームズやらスプラトゥーン2で持ちこたえる方針なのだろう。

続きを読む

horizon zero dawn(ホライゾンゼロドーン)攻略

horizon zero dawn(ホライゾンゼロドーン)攻略
ハデスのデスブリンガーと戦うこと数日たるや、なかなかの激戦バトルのラスボス戦であったが、ホライゾンを遊び終えてしまうと何かと物足りなく感じてくるものがあります。収集物はデータポイントを獲得くらいではあるが、結構な数だし、これこそ商人から地図を購入して位置くらい分かるようにしてくれぃ!と思うばかりだ。とりあえずゲリラゲームズが作ったオープンワールドのゲームは世界で売れたようで、日本ではゼルダの伝説と時期が被ったけれども20万本ちかい数字で売り出せているようで好評なのかな。

大型系の機械獣があまり居なかったのが残念であるけれども、なかなか歯ごたえのあるハンティングゲームもそうそう無いので、かなりガッツリとやり込めた印象があるわ。アーロイはロストに鍛えられたからといっても、弓だけでなくロッククライミングもできるとは男性よりも強靭な肉体のような気がしたんだよな。まああそこまで体力のある女性はまずいないだろうw


総合的にバトル要素ではワイヤートラップやらアイテムの罠を事前にしいておいて、尚且つそこへルアーコールなどのスキルで誘いだしてみたり、後ろから必殺仕事人のようにサイレントスキルで不意打ちしてみたりと豊富な攻撃パターンではあったけれども、やることが似通ってくると微妙になってきそうかも。氷結させてからの攻撃がやや万能であることから、火炎属性が少し弱いような印象も受けますかね。

電撃属性は感電させれるのでまあまあ強いとは思います。つってもブラストスリングの爆弾攻撃もなかなか強ければ、長弓のトリプルショットもやはり強い。ただ、スキルうんぬんよりは武器のステータスがものを言うところがあるかと。サンダージョーは何かと最初は手強いところがあったが、慣れてくるとなんてことはない。レッドモウにしても倒し方は一緒だったし、しぶといのは禍ツ機なので攻撃パターンは変わることもなかった。


クエストはメイン・サブ・サイドなどがあったけれど、それぞれに個性のある物語が付いていて、何かと足跡をたどることが多かったような気がしたけど、全体的に機械獣とバトルになることが多いかな。山賊狩りは別に用意されているし、機械獣を相手にしてた方がしぶといので、人間系の敵はヘッドショット狙いで済ますことが実に多かった。収集系は鉄の花やヴァンテージや古の器など、それぞれ集めるのに時間はかかったけれども、地図を商人から購入できるのであまり迷うことはなかった。

ストーリーはそれほど濃厚でもなく、謎というほどのものでもなかったが、もう少しはっちゃけた物語であって欲しかったところもあるかな。なんか在り来りな流れで進行してしまうのは王道というか、刺激がやや足りない点を感じます。オンライン要素はないし、DLCは今作っているような感じぽいし、しばらくホライゾンゼロドーンは待ち状態といったところでしょうか。とりあえず何かやるとしたら二週目プレイで難易度を変更して楽しむくらいだもんな。太古の鎧を使うこともないけれども、また回収するのも面倒そうか。それなら引き継ぎ要素を用意してくれたら便利だったのに。

スターオーシャン5

3月31日はようやく待ちに待ったスターオーシャン5の発売日です。長いことスターオーシャンシリーズを遊んできましたが、今回のナンバリングで20周年を迎えるので、ずいぶん長く歴史のあるゲームだなと思いましたが、前作からの期間は6年、さらにその前も6年という間隔で発売しているので、新作が出るスピードが遅いため長いこと続いたといった感じが正解でしょうか。

今回のスターオーシャン5はキャラクターデザインがあきまん氏によるものなので、何だか金かけてそうですね。今までのキャラデザを使わずあきまんを採用したのは、今まではキャラクターはあとから作っていたためどこかシナリオと合わないらしく、今作では先にキャラクターから作ってしまおうという内容だった。なのでシナリオが出来てから、開発に入る前にあきまんにお願いしたといった流れでしょうか。主人公はフィデルで、あえて特徴のないキャラらしいが、あきまんはフィデルが最も気に入っているらしい。

ストーリーは基本的にSFとファンタジーを融合させたもので、シナリオ担当のトライエース・五反田氏がスタートレック好きらしく、影響を受けたような部分もありますが、バトルはテイルズシリーズに実に似ているようなシステムですね。スターオーシャン5のバトルではシームレスに戦闘を開始でき、さらにイベントやプライベートアクションなどもシームレスに行われるので、とくにかく快適になったのが一つの特徴といえよう。

アイテムクリエイションのウェルチは今までのままだが、アイテム合成の種類とかが少しばかり増えたのかな。SO4の仕様はあんまり意味が分からなかったので、やはり明確に当てはめて合成できるのはやりやすそうで楽しそうだ。マップは広いのでトランスポーターというファストトラベル的な要素を入れつつ、バトルコレクションなども健在。クエストは掲示板のところで受けてプレイする感じなので、前作のようなどこで受けれるとか探す手間が省けたのでプレイしやすくはなったのかな。

女性キャラクターはミキ、フィオーレ、アンヌ、ウェルチなどがいるけど、フィオーレあたりのエロさが人気なのかしら。動画の再生回数はフィオーレだけやたらと高い傾向になるが、ウェルチだけのPVがあったら人気はどうなっていたことやら。

龍が如く 極 - ps3/ps4

龍が如くが放つ、大人のための”極”エンターテイメント
龍が如く極では、重厚な人間ドラマはそのままに、PS4での開発環境をベースにした映像美や、
快適なゲームプレイはもちろん、これまでのシリーズ作で好評を博したゲームシステムや
バトルスタイルを新たに導入し、遊び易さを徹底追求。

さらに主人公・桐生一馬、宿敵・錦山彰、ヒロイン・遥など、
登場キャラクターの9割に及ぶキャラクターボイスを再収録。
レギュラーキャスト陣による入魂の演技、新規キャスト陣によって
新たに生まれ変わった迫真のドラマシーンを実現。

また、主人公・桐生一馬が服役していた”空白の十年”に起きた『錦山彰』変貌の物語を中心に、
新規エピソードを多数収録。新規ドラマシーンも大幅増加。

前日譚を描いた龍が如く0の物語から繋がる、壮大な人間ドラマをお楽しみいただけます。
そして、歓楽街で遊べるカラオケや麻雀など、プレイスポットを多数搭載。
個性豊かなキャラクターが登場し、珍妙な事件から感動話まで、
次々に巻き起こるサブストーリーは、新規追加分も含めて大幅にリフレッシュしています。

PS2のシリーズで卒業した方、PS3のシリーズからプレイしている方をはじめ、
これまで龍が如くを遊んだことがない方にも自身を持ってお薦めできる、
大人のための”極”エンターテイメント作品です。

楽曲提供
日本屈指のボーカリスト「稲葉浩志」氏による楽曲提供が決定!
龍が如く極へ、ロックバンドB'zのメンバーであり、日本屈指のボーカリストでもある、
稲葉浩志氏による楽曲提供が決定いたしました。

稲葉氏による楽曲は龍が如く極のテーマソングとなる描き下ろしの新曲と
PS2龍が如くのメインテーマ曲であった「Receive You【Reborn】」の全2曲の提供となります。
初代『龍が如く』が誕生した当時には決して実現し得なかったビッグアーティストとの
タイアップにより、本作の人間ドラマがよりダイナミックに彩られます。

続きを読む

スターウォーズ バトルフロント 攻略

来月はいよいよスターウォーズ・バトルフロントの発売日であるが、特典付きのを予約したいところだが、どこがいいかと探していたところゲオなどは店舗特典が付くようだな。まあどちらかというとエモートを受けとっても使わないのなら同じことだし、そらならストーム・トルーパーのポスターも欲しいものだと非常に迷いどころである。
EAのダイス開発のスターウォーズなので、さぞかし面白いことだろうと思えるが、マルチプレイあたりが醍醐味のゲームだろうか。
BFにしてもマルチが面白かったのであの流れでスターウォーズシリーズをプレイできるとなると大変楽しみなところである。
スターウォーズ バトルフロント 攻略

まあ最大40人なのでそれほど多くはないかもしれないが、ビークルはあるわ、ヒーローになって敵をバンバン倒せるわで、それなりマップを駆け巡る兵士もいるので丁度良い数字かもしれない。まあそれ以上だと芋るプレイヤーも出てくるだろうし、なんだかんだでバランスの良い人数で調和が取れているのかもしれない。

ウォーカー・アサルトでそれぐらいの人数なので、あのマップの広さなら丁度いいです。
ドロップ・ゾーンなどはやはりエリアがせまくできているが、あれは逆にあと2人ぐらい追加してもいいぐらいである。
というかチーム制になると何故か2割ぐらいはサボって適当な遊びをやる人もいるので、なかなかゲームモードのルールを覚えてから来て欲しいもんだが、いきなりログインするのが大抵なんだろうな。

まずはサバイバルモードでエイムの練習をしてからマルチプレイに臨みたいところだが、やっぱ他力本願になってしまうと勝機もクソもない。ビークルの操作を覚えてエースパイロットになるっても一興であるが、スナイパーライフルで遠くから射撃できるスペシャリストになる手もあるかね。でも銃とかスターカードは一度使うとクールタイムが設けられているため、適度に撃っては休憩する感じである。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。